コーヒーへの想い

コーヒーにはカフェインが含まれており、飲むと集中力が高まることは知っていましたが、コーヒーが癒しにもなるとは知りませんでした。

その癒し効果ですが、「クロロゲン酸」という成分が関わっているそうで、これはいわゆるポリフェノールの一つです。

その量はコーヒー1杯で赤ワインと同等、お茶の約2倍にあたるそうです。

そう言えば、「コーヒーブレイク」という言葉がありますね。これがその意味だったのか、と納得するところです。

コーヒーはいつも何気なく飲んでいましたが、意識して飲むと改めて素晴らしい飲み物だと認識できます。

更に、エッセンシャルオイルをブレンドすれば、もっと素晴らしい飲み物になるのではないかという考えから、このエッセンシャルオイル入りフレーバーコーヒーが誕生しました。

そしてその香りは、自然と身体に触れ、何の気兼ねもなく楽しむことができます。

エッセンシャルオイルとの出会いは、企業に勤めていた頃、ストレスについて学んでいたときでした。

初めてそのエッセンシャルオイルを嗅いだとき、「この香り、すごい」と感じました。一見強すぎるかもしれないその匂いが、実は癒しをもたらしてくれるのです。

さらに、食品添加物として使われるエッセンシャルオイルもあることを知り、その中には「シナモンバーク」や「コパイバ」が含まれていました。これらは、いわゆる、香料として扱われているため、口に含むころが可能とのこと。早速、コーヒーに添加できないかという試行錯誤が始まりました。

入れすぎると香りが強すぎて、逆に味が悪くなる。化粧水のような香りがするのです。そこで、添加する量は100g当たり約0.07gに決めました。小さな瓶に移してから添加を行い、25g単位で分けたコーヒーに混ぜ込む作業を繰り返しました。

完成した商品をモニタリングしたところ、アンケートに回答した方々の約9割が「美味しい」と高評価をくれました。深煎りのコーヒーは苦味が強いものですが、エッセンシャルオイルの香りがその苦味をマイルドにし、酸味の方向に調整してくれているようです。

エッセンシャルオイルの香りとコーヒーの香りがブレンドした、スパイシーで不思議な香りをぜひお楽しみください!